スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mint condition

mint condition

20110722_mintcondition_front.jpg


 4月29日に開催したパーティー「mint condition」の2回目が7月22日(金)に迫ってきました。1回目は、ちょっと盛って100人の人が遊びに来てくれました。(リアル来場者は91人)RONDENIONさんもSAI君のパフォーマンスも素晴らしかったと思いますが、サポートのKOMAMOチームもAOLA君もTANABEさんも、各時間帯にあったプレイをしてくれて1晩を通して過ごせる内容だったと思います。

 前回、初めてオーガナイズに徹したのですが、徹してよかったなと本当に思いました。その理由の1番は、このパーティーには、誇りと自信を持っているのですが、自分のパーティーを「いいパーティーだった!」と思わなくなったこと。なんか矛盾していますが、お金を払う価値はあったか? お客さんは退屈していないか? 楽しんでるフリになっていないか? 音楽のクオリティーはこれでいいのか? 自問自答と反省作業の連続でした。DJしてたらテンションあがっちゃって冷静に見れなかったと思います。よかったよかった。今回は、前回の反省点を改善してより満足してもらえる時間を提供できればと思います。

 今回の見所は、まず、フィーチャーしているsauce 81(ソースエイティワン)さん。
jpgzZX2011052720.jpg
Red Bullが世界中から才能ある若いアーティストを集め少数精鋭で行われているミュージックアカデミーがあるのですが、08年に参加した唯一の日本人アーティストです。昨年はメタモに、そして今年はソナーサウンドに出演し、僕はソナーでのパフォーマンスを初めて見て心打たれてブッキングしました。DJセットだったので心打たれてって大げさだけど、ビビビと来たわけです。セピア、モノトーンな風合いとソウルやジャズのエモーショルな部分をエレクトロニックミュージックで表現されているように感じます。


 もう1人フィーチャしているdj yoshimitsuさん。
HX0ENW1307502576.jpg

金沢の兄貴的存在(たぶん)です。HARVEYやANDRESの来日時に金沢公演で共演するということは、DJプレイが悪いはずがありません。(北陸は音楽都市なので層が厚い)mint conditionの翌日も地元金沢でDJ KENSEIさんとのパーティーが控えています。ハウスが中心になると思うのですが、いろいろなジャンルを聞かせてくれそうです。あと、彼のこのトラックを聞いて一発で好きになりました。
http://www.youtube.com/watch?v=dMiY062IDgg&feature=player_embedded


 そして、最後に登場するSANDNORM(サンドノーム)さん。
9NXJ2T1307086116.jpg
SECOのブッキングのシシ君にハートウォームなセットからアグレッシブなセットまで器用にできる人いないか相談したところ彼の名前が上がってきました。ググったらミックスがあったので聞いてみるとこれまたやはりビビビときました。ざっくりですがジャパニーズヒップホップから始まり、ダブ、エレクトロニカ、ジャズ、R&B、ディスコ、ドラムンベース?、ドリルンベース?、ソウルって流れのミックスになってて、て、て、て、天才だーーーーと思いました。前回のTANABEさん同様、パーティーで一番重要なのは最後のアーティストだと思っています。まさに終わり良ければ全て良しです。ミックス聞いてみて下さい。4つ打ちにマンネリ化を感じている人は、ぐごごごごぉ~と感動してくれると思います。
http://www.kikyu.net/synchronicity07/img/profile/DJ%20Sandnorm_tokyo.mp3

 上記見所がチームアダルトだとすると、下記はチームヤング。

 まず、herba(ハーバ)。彼らの頭は固くない。土臭い中にけっこうポップな選曲。僕の大好きな娘が、彼らのDJでステップ踏んでたのを見てイラっとしました。男としてリードされている感は否めません。。。今回も女性に優しい土臭い選曲に期待です。

 最後にorkorkork(オークオークオーク)。よくプロフィールに「若干○○歳にして」という文を見ますが、彼らの場合は「若干21歳にしてこの選曲かよ!」です。どんな青春時代を過ごして来たんだ?と不安になります。その反面羨ましいくなるほどの良質の音楽をストックしているのでオープンなのに楽しみです。

 以上、5組のアーティストが一晩を作ってくれます。私自身、開催までが楽しみだったりします。特にこうやって紹介文を作っている時がピークかも。当日は、もちろんエンジョイしますが、会場の平和を守るという大役がありますし、冒頭に書いたようにまず来場者を満足させることが先決です。私自身が楽しむのは会場に100人いたら100番目に楽しめばいい。
 
 しかしSANDNORMさんのミックス、くそかっこいいな。



TITLE: mint condition
DATE: 2011-07-22(Fri)
OPEN: 22:00
VENUE: SECO
DOOR: 2500/1Lambrusco、WF: 2000/1Lambrusco、7月生まれの方は、入場無料
LINE UP: [FEAT]Sauce81 (cosmopolyphonic), dj yoshimitsu (S.E.L), [DJ] SANDNORM(OVA), harba (bein), ORKORKORK

DETAILS: 音楽への愛情、時間の経過に左右されない音楽。そういう音楽を私は聞きたいと思っています。ブームで終らないジーパンのような定番になりうる音楽。私の物差しではありますが、そういった音楽を提案してれるであろうアーティストたちに、このパーティに出てもらいたいと思っています。今回は、08年のRed Bull MUSIC ACADEMYに日本人として唯一参加し、昨年のMETAMORPHOSEや、今年のSonarSoundTokyoへの出演では、ハートウォームなセットで魅せてくれたSauce81と、ブラックミュージックをルーツに、ファンクネスなトラックメイキングに加え、DJ HARVEYやAndres aka DJ Dezの金沢公演では、共演を果たすDJとしも確かな実力を持ったdj yoshimitsuをフィーチャーします。さらに、ジャンルレスな選曲を絶妙にミックスしていく天才SANDNORMと、ブラックミュージックを背景にレンジの広い内容となりそうです。このパーティーには派手な演出やブームに沿ったキャッチーな音楽はありません。ただ、グッドミュージックと音楽に向ける愛情は確かに存在します。よかったら一緒にフロアでヒューヒュー言いましょう。今回の開催は、私の誕生日が近かったということもあり7月生まれの方は、エントランスフリーでご招待しますので一緒にヒューヒュー言いましょう。 text:yanma


●about : Lambrusco (ランブルスコ)
スパークリングワインとしては珍しい、イタリアのエミリア・ロマーニャ州でつくられる、天然弱発泡性の赤ワインです。今回、Lambruscoを取り扱う”VINCE”の協力を得て、DOOR料金もしくは、WF料金をお支払いの方へ先着50名様にウェルカムドリンクとしてご用意させて頂きました。これを機に、赤いスパークリングワインの衝撃をお楽しみください。 

●協力:VINCE
http://www.rakuten.co.jp/vince-wine/

●FOOD: 虎子食堂
http://toranoko-shokudo.com/

●FLYER PHOTO: Makoto Adachi


■mint condition
http://www.clubberia.com/events/179284-mint-condition/

スポンサーサイト
06 | 2011/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

DJ カタクリコ

Author:DJ カタクリコ
ようこそ、あなたの知らないとろみの世界へ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。