スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月に向かって吠えるMOONDOG

昨日ネットサーフィンしててたまたま見つけて気に入ったアーティストです。
1138466707_l.jpg


盲目で奇才でストリートミュージシャンです。画像の左です。ファンキーです。
もう、何が素晴らしくて何がくだらないかわからなくなってきます。
視聴してもらうと感じ取れると思うのですがエネルギーに満ちているというか良い悪いの次元じゃなくなってくる気がするほど躊躇がないです。突き動かす何かがあるのでしょうね。あと今風にいったらオーガニックハードミニマル。この盤の録音の仕方が完全オン・マイクなストリート録音ということもあり強調されます。
http://www.dmr.co.jp/shop/g/g2040109040123/

マイスペもありますが音がキレイで素晴らしいのですが完成度が高過ぎる気がします。
http://www.myspace.com/louismoondoghardin

あとかわいい映像。何かに似てるんだよなーと思いながら。


あとナイスなストリートミュージシャン。途中やる気なくなります。
スポンサーサイト

theme : お気に入りアーティスト
genre : 音楽

Firecracker Recorings

僕のレコードの買い方で恥ずかしい探し方があります。
とりわけ知識がないのでよく検索窓に「黒い」や「デトロイト」はたまた「MOODYMANN」や「THEO PARRISH」などと入力します。
そうするとだいたい僕好みの音が見つかるからです。そうしてメモをとり中古レコード屋に向かいます。
これは新規のアーティストやレーベルなど見つける時にする探し方でよくこの検索にひっかかって表示されるレーベルがFirecracker Recoringsでした。

よく、僕の好きなMOODYMANNやTHEOなどと関連付けられており10incということとアートワークがコミック調なのでわかりやすくレーベル名より先に記憶に残ります。

アーティスト名やレーベル名、もちろんタイトルなんてなかなか覚えれない僕はアートワークが超重要になってきます。もっているレコードのおそらく100分の1くらいしかタイトルとアーティストが一致するのはないでしょう。DJやってて恥ずかしくなるけれど、それを克服するためにブログを書き始めたのもあります。

さて、このFirecracker Recoringsはスコットランド、エディンバラに拠点を置く2004年に設立された新興レーベル。おそらく500枚ほどしかコピーされていないであろう作品は、現在まで3枚。再発も含めて6枚の10インチシングが発売されている。僕が買ったのは再発のVOL.1とVOL.2。VOL.3は金が無くて断念しました。正直VOL.3は曲もダビー過ぎたし現場で使うことは無いなと思い買うつもりもなかったのですがどうしても10incというのとアートワークの優れたジャケットはコレクトしておかないと後悔してしまいそうな気持ちにさせられます。

vol.1
7879800.jpg

vol.2
FIREC002.jpg

vol.3
8103984.jpg

この中で個人的におすすめはvol.2かなと思います。単純にわかりやすい。
まず、A1のLinkwood - What's Up With The Underground?が耳に残ります。
ジャズ+ブレイクビーツなんですがビートはかなりジャズよりでアップリフティングな曲調はオールミックスのDJには重宝すると思います。また個人的に大好きなB1のFudge Fingas - Escapeは徐々に蓄積されてくるジャジーハウス。その蓄積感はループハウスに近いかも。
視聴はこちらからが聞きやすいです。
http://lighthouserecords.jp/?pid=9979595

そしてFirecracker Recoringsのマイスペです。
アートワーク、曲のクオリティはかなりの高水準じゃないでしょうか?
より消耗品ぽくなってしまった最近のクラブミュージックの中で音楽として細くても長く残れるレーベルなんじゃないかなと思います。
http://www.myspace.com/firecrackerrecordings

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

愛するLARRY

Larry Heard

larry.jpg


ネットでラリーハードのMIXを見つけたのでご紹介。
一言で終わらせばシカゴハウス•ディープハウスの先駆者。

僕がおそらくDJで一番好きな人なんじゃないでしょうか?
たまたまなのかラッキーなのか、昨年のLIQUIDROOMの4TH ANNIVERSARYでの彼のプレイに終止釘付けでした。もうゆっくりゆっくりは底なし沼にはまって行く感じ。ほんとうに泥の沼。でも不思議と土着的な曲調も土臭さを感じさせない透明感があるんです。崇高というか。彼のオリジナルもそうなのですが電子音を聞いた時に感じる神秘性を生楽器の中に感じれるとれます。曲調が奇麗と言えば済むのですが生みの苦しみや思い入れを感じさせないスマートさ。もちろん、DJミックスはアップダウンがあるけれどいわゆるラリー節と言われるのは頷けます。
今年はメタモでの出演が決まってます。メタモは行かないけど野外のラリーとかすごい気持ちよさそう。ゆっくりしたディープハウスからテクノよりに行き最後はディスコ祭り。。。←LIQUIDのアニバーサリーの時の簡単な流れ。考えただけで腰砕けです。

下記URLからMIXがストリーミングで視聴可能です。
http://dhpmixes.com/mixes/LarryHeard_Trouw_op_zondag_12-04-09_112kbs-A.mp3

そしてトラックリスト。
80曲くらいあるので6~7時間。つかれます。

1. Jill Scott- Slowly surely
2. Linkwood Family - Miles Away (Firecracker)
3. Mr Fingers – Missing You (Alleviated)
4. Johnson Products - Johnson jumpin' (Sound of New York) or Super-Jay -Super Jay love theme (Hit makers of America)
5. B Beat Girls –For the Same Man (25 West Records)
6. Domu – wedding e.p. - something borrowed (Neroli)
7. Morgan Geist - 24K (Environ)
8. ?
9. Patrice Rushen – Haven’t you heard (Elektra)
10. ?
11. Restless Soul – And I know It (vocal mix) (Seasons)
12. ?
13. Rick Wilhite – The Soul Edge e.p. 2 - City Bar Reopen "Live" Dancing (Still music)
14. Bill Withers - Who is He & what is he to you Henrik Schwarz mix
15. Motor City Drum Ensemble –Raw Cuts 4 (MCDE)
16. Persia – Inch by Inch (Casablanca)
17. Deetron – Lets get over (Music Man)
18. ?
19. Timmy Thomas - Why can’t we live together (T.K. Disco)
20. Frankie Knuckles / Jamie Principle – Bad boy (trax)
21. First choice – Let no man put asunder (Ron Hardy Mix) (Ron’s Edits 02)
22. ?
23. ?
24. Erro - Change for me (Yoruba)
25. Directions – Busted Tress (C’s Spacetrumental Mix )(Diaspora
26. ?
27. Chanson –Don’t Hold back (Ariola)
28. Universal Robot Band –Dance & Shake your tambourine (Red Greg)
29. Salsoul Orchestra – Take some time out for Love (Salsoul)
30. Skipworth & Turner – Thinking about your love (4th & B’Way)
31. ?
32. Herbie Hancock - Stars in your eyes (Columbia)
33. Third World - Lagos Jump (Columbia)
34. Thats when we’ll be free???
35. Loleatta Holloway - Hit & Run (Gold mind)
36. Gayle Adams - Love fever (vocal mix) (Prelude)
37. Kraftwerk – Trans Europe Express (Capitol)
38. Bumblebee unlimited – I got a big Bee (Red Greg)
39. Charlie Calello Orchestra – Sing sing (Midsong Int.)
40. ?
41. ?
42. ?
43. ?
44. ?
45. Guy Called Gerald - Voodoo Ray
46. Amp Dog Knights - – I’m Doin Fine (Mahogani Music)
47. ?
48. Take it back?
49. Hercules – 7 ways to jack (Dance Mania)
50. ?
51. Clivilles & Cole - Pride (A deeper love) (Columbia)
52. Joey Beltram – Energy Flash
53. ?
54. Ame – Rej (Sonar Kollektiv)
55. Adonis – No way back (Trax)
56. Cassio – Baby love (Street Style)
57. Lil Louis – the Conversation (Maxi)
58. Quando Quango - Love tempo (Factory)
59. First choice – Let no man put asunder (Ron Hardy Mix) (Ron’s Edits 02)
60. Loose Joints – Is it all over my face (Male vocal) (Prelude)
61. Frankie Knuckles / Jamie Principle – Bad boy (trax)
62. ?
63. Persia – Inch by Inch (Casablanca)
64. Phreek – Im a big freak (R U 1 2?) (Atlantic)
65. 52nd Street – Express (Factory)
66. Donna Summer – I feel Love (Casablanca)
67. Lil Louis – the Conversation
68. Jaydee –Plastic Dreams (R & S)
69. Bill Withers - Who is He & what is he to you Henrik Schwarz mix
70. Motor City Drum Ensemble –Raw Cuts 4 (MCDE)
71. ?
72. Gwen Guthrie –Hopscotch (Island)
73. Lets get hot?
74. Eli’s second coming - Love Chant (Silver Blue Records)
75. Billy Frazier - Billy Who? (Biljuma)
76. Rolling Stones –Miss You (EMI)
77.
78. Sharon Brown - Specialize in Love (Profile)
79.
80. Mr Fingers – Can you feel it (Trax)
81. Modern Romance – Can you move (Atlantic)
82. Rockers Revenge - Walking on sunshine (Streetwise)

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

05 | 2009/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

DJ カタクリコ

Author:DJ カタクリコ
ようこそ、あなたの知らないとろみの世界へ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。