スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THEO PARRISH

"Love of the music should be the driving force of any producer,performer or DJ. Everything else stems from that core, that love. With that love, sampling can become a method of tasteful assembly, collage, as opposed to a creative crutch, plagiarism. Using this same understanding openly & respectfully, can turn DJing into spiritual participation. It can turn a few hours of selection into essential history, necessary listening through movement."(Theo Parrish)

「音楽への愛」こそがプロデューサー、パフォーマー、DJ達の原動力であるべきだ。この想いがあれば、サンプリングという方法は、盗作でもなく、音作りへの近道でもなく、個性あるの音のコラージュになる。それと同じ理解と想いを持つことにより、DJもまたスピリチュアルな行為となり得る。数時間分の選曲が、本質を伴った歴史の物語となり、動きを伴った音楽体験となる。(Theo Parrish 訳:Yuko Asanuma)



この言葉を見て、音楽に対する愛情がまっすぐで何か救われる気持ちになるのは私だけでしょうか?
AIRにわざわざこの言葉が書いてあるフライヤーを取りに行きました。
26日(土)、AIRの公演が楽しみです。
http://www.air-tokyo.com/schedule/405.html
スポンサーサイト

St.Germain

初めて聞いたのは、たまに見るDJミックス/ライブミックスのリンク集サイト「Unofficial Derrick May Fanclub」内でダウンロードした「Daniel Bell」の4時間に及ぶ濃厚ミックス内でした。
使われていた曲は、「St.Germain」の「Rose Rouge」という曲。たしかライブミックスだったと思うので、おそらく「Daniel Bell」自身でエディットは、しているはずだと思います。

曲自体は、ジャズシンガーのボーカルサンプルに生楽器の演奏でちょっと前からリリースされている多くのハウストラックにまとめたよくあるパターンですが、演奏力と構成力がすばらしいのか世に氾濫するジャズネタのダンストラックとは確実に一線を画したトラックだと思います。

ネタとなっているボーカル主は、「Marlena Shaw」。
代表曲をあげるとしたら”California Soul”という曲が1番一般的かなと思います。(あれ?”California Soul”の原曲てMarlena Shawであってます?)


彼女のライヴ名盤”Live at Montreux”収録の”Woman of the Ghetto”を大胆にぶっこ抜いてます。
それは、「えええええええっ」ていうくらい見事にMC部分をぶっこ抜いてます。


「St.Germain」は、ジャズやヒップホップを画一的とも思える、4ビートのハウスというフォーマットに乗せながらも、その完璧な融合具合から、ただ需要を満たす柔軟なソフト的な音楽や消費されるだけのダンスミュージックは、残してないように思います。
多くのアーティストにリミックスされるた「Rose Rouge」という曲は、「beatport」で検索すると、たくさん出てきてます。その様は、「Nina Simmon」ネタを使ったトラックに次ぐ、「クラブミュージック界の○○ペット」のようにも思えてくるくらいです。
それほど、制作に掻き立てる曲なんだとも思いますが、多くのアーティストが「このネタ売れちゃうな~」と思っているからかもしれません。
このご時勢、中途半端なジャズネタ × 4ビートほど悲しくなる組み合わせはないとも思います。
約10年もの時間が経ちながら、いつ聞いてもすばらしいと思える彼の曲。特に「Rose Rouge」のライブ映像は、スタンディングオーベーションをしたくなる名曲だと思います。


ちなみに「St. Germain」
セイント・ジェルマン?
サン・ジャルマン?
読み方しっている人、教えてください。

とろみの聞いた長野市

長野市へDJをしに行ってきました。

地方へDJをしに行くのは2回目ですが、現場の空気がわからなかったので
とりあえずバッグにつめれるだけつめて行きました。

前日入りして、観光も兼ねて主催者が経営するバー「38B屋 (ミヤビヤ) 」へ。
オーナー曰く、山家にタンテがおいてあるくらい敷居が低い店だと言ってました。
ツケも可能でした。

DSCN1084.jpg
左:オーナー(早川さん) 右:今回のオーガナイザー(イクマ君)

DSCN1078.jpg
仏像の顔

DSCN1082.jpg
左:STAFFのコサカ君 右:STAFFのチアキさん

DSCN1083.jpg
確かにタンテはありました。CDJ×2、タンテ×2、ミキサー1 その辺のクラブよりいい機材使ってました。

DSCN1085.jpg
ちょうど20歳を迎える男の子のバースデーパーティをやってました。6つも違うのね・・・と悲しくなりました。そして、ピュアな感じに胸を締め付けられました。

営業後は、もちろんクラブに行きました。
写真はないのですが、FAMEというクラブとSOUND SCAPEというクラブ。後者で翌日に僕はDJだったのですが、まー泥酔してしまい500円を渡され帰らされました。

2日目は、起きて散歩しました。
駅まで出て大阪王将を食べました。結構餃子のみってつらいです。
散歩の途中見つけたイカスやつらをご紹介します。

DSCN1093.jpg
かっぱっぱ

DSCN1094.jpg
憎らしい顔

DSCN1095.jpg
もう何がなんだか・・・

途中で早川さん、チアキさんと合流し、キング オブ 観光スポット 「善光寺」

テンションアゲアゲ
DSCN1096.jpg
門の前で

DSCN1098.jpg
本堂の前で

090925-211937.jpg
袋に入ったフクロウ。
小鳥好きキャラを定着させようと必死です。

DSCN1101.jpg
なんとか君
千葉からわざわざ来て、みんなの幸せを祈ってるそうです。

DSCN1103.jpg
九一そばを食いました。ちなみにそば粉9につなぎ1って意味
十割そばはそば粉10
二八そばはそば粉8につなぎ2って意味

さて、腹ごしらえも終わり、いざ出陣です。
ゲストなのにオープンもやらせてもらえました。
だれもいないフロアでやるの慣れました(笑)
BPMは100~120。
ブレイクビーツ → ディスコ → ジャズ → ハウス → ディスコ
スタッフに「こういう音を待ってたよー」と大絶賛でした。

次にイクマ君へ
何をかけるかわからなかったから、繋げなくて言い曲を最後にかけたら
見事にミックスしてくれました。こういう時テンションあがります。
基本的にイクマ君はヒップホップでした。
いや~うまかった。

ワタライさんは風邪の為、出番直前にきました。
でも体調の悪さを微塵も感じさせない圧巻のプレイです。
正直、カメラを向けるのが恐れ多い感じだったのでやめときました。
ただ、フロアは自分が見たこともないくらいの盛り上がりを見せてました。
イコール THE 次 ヤリズライ

そして、誰やねんDJこと僕
DSCN1113.jpg

なんとか30分はもったでしょうか。
THEO PARRISHのSecond Chances (w. monica blaire)から静かに入り


デニスフェラーのSon of rawのメロディーを下に引き
ずーとロングミックス



Son of rawのボーカルが入る部分でKARIZMAのTHE POWERが次に来てと。
ネタもので入りました。その後はニューヨークハウスをかけて様子を見て、

Bill Withers ~ Who Is He [And What Is He To You?] [Henrik Schwarz remix]


でちょっと変調しようと思ったのですが反応が悪かったのでこれが駄目なら考えてたの無理だーと思いニューヨークハウスに戻しました。

そして、なんとかイクマ君へ再びパス。最初のヒップホップとはうってかわって超ハウス。
最後はハンドレッドバーズのバトンガでパーティは終了しました。

DSCN1120.jpg
お店のスタッフさんも一緒に。

DSCN1118.jpg
僕は、狐に夢中

DSCN1119.jpg
キノコを見つけたのでとりあえず

閉店後は、とりあえず笑笑へ。
ビンビール1人1本というノルマ付き。
これが1番しんどかったです。

そして次の日、みんなで釜飯を食い、東京へ帰りました。

今回の地方遠征のおかげで、いいものがたくさんみれました。
純粋に音と向き合うお客さん。
それに応えるワタライさん。
ワタライさんは本当にプロだなと思わせてくれます。
3000円払う価値あります。
お金をお客さんから取るからには
そのお金以上の楽しさをキックバックしてあげないとと思いました。
悪く言えば自分の周りにお金を払う価値のあるパーティは存在するのか?と
あんなに楽しそうに踊る人たちを見ると僕たちが2000円でやってるパーティと
ワタライさんが3000円で楽しめるパーティ。
本当に2000円の価値があるのか?と思わずにはいられません。
4ツ打ちのDJは一度、HIP HOPのパーティ見に行ったほうがいいと思います。
特にワタライさん。本当のプロを初めて見れた旅でした。

てか地方のDJめっちゃうまいぃぃぃー
自分が一番下手だったー





theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

モーターシティーへのオマージュ

僕がダウンビート系にはまる切っ掛けになったのがこのMOTOR CITY DRUM ENSEMBLE。
l_c8bf889d992c4a2a8869ba968fb8762f.jpg

このアーティストを知る前にデトロイト系、特にハウスに興味を持ちネットサーフィンをしまくってました。
恥ずかしい話、検索窓に「デトロイト」とか「MOODYMANN」や「THEO PARRISH」など入力して出てきたのがこやつ。
デトロイトハウス特有のスモーキーなハット(僕はデトロイトの音でこの主張しまくるモノトーンのハイハットが大好き)とソウルフルなボーカルのワンループ。あと何よりドラムの音が気持ちいい。個人的にレコードを買うかどうかはイントロで決めます。イントロのドラムの構成ってすごいセンスが出る部分だなと思います。

たぶん1年くらい前にRAW CUTシリーズの1STを聞いてすぐ購入しました。
1STはどちらかというとアッパーでしたが彼のトラックの良いところは、他のトラックと相性がすごくいいところ。音と音の隙間に入れ易くてMIX部分に深みがでます。

2NDは今や一番気に入っているかなと思います。一番ハッピー。ズンズンっていうよりズンチャッズンチャのリズム。ディスコ特有の平等感がすごい。

3RDは2NDと甲乙つけがたいクオリティ。爆発させる2歩手前くらいで入れたいですね。

久しぶりに好き過ぎてオールオリジナルの文章で書いたら中身がありません。
好き好きの一方通行の恋愛みたいです。

彼が以前レジデントアドバイザーにて取り上げられたPOD CASTは、ここ数年聞いたMIXの中で一番でした。ダークなロック風ディスコからE2E4のリエディットへの展開はのっけから感服します。
ディスコ、ハウス、テクノらへんをうまーーーーくオールミックスさせたこのMIXだけでシーンを変えてしまう。それほどまでに威力と魅力をもったMIXです。
10月にこのアーティストが日本に初来日します。CDも発売されます。
才能あふれる若いアーティストは正当に評価してもらいたいですね。なかなかトラックメイクもよくてDJもいいアーティストなんてそうそういません。

ちなみに例のミックス。
http://soundcloud.com/invrs/resident-advisor-podcast-132-mcde
このミックスを聞けばBPMなんてどうでもよくなります。

theme : DJ/CLUB
genre : 音楽

月に向かって吠えるMOONDOG

昨日ネットサーフィンしててたまたま見つけて気に入ったアーティストです。
1138466707_l.jpg


盲目で奇才でストリートミュージシャンです。画像の左です。ファンキーです。
もう、何が素晴らしくて何がくだらないかわからなくなってきます。
視聴してもらうと感じ取れると思うのですがエネルギーに満ちているというか良い悪いの次元じゃなくなってくる気がするほど躊躇がないです。突き動かす何かがあるのでしょうね。あと今風にいったらオーガニックハードミニマル。この盤の録音の仕方が完全オン・マイクなストリート録音ということもあり強調されます。
http://www.dmr.co.jp/shop/g/g2040109040123/

マイスペもありますが音がキレイで素晴らしいのですが完成度が高過ぎる気がします。
http://www.myspace.com/louismoondoghardin

あとかわいい映像。何かに似てるんだよなーと思いながら。


あとナイスなストリートミュージシャン。途中やる気なくなります。

theme : お気に入りアーティスト
genre : 音楽

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

DJ カタクリコ

Author:DJ カタクリコ
ようこそ、あなたの知らないとろみの世界へ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。