スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロ年代の音楽 -壊れた十年-

なんてかっこいいタイトルだ。
この本の最初の印象だ。

打ち合わせと打ち合わせの間に時間があったので、久しぶりに渋谷のタワレコに行ってみた。
タワレコにあんなに興奮した18の夏休みから10年、DJをやっているからかもしれないが、以前のような新しい音楽に出会うぞ!と意気込むような気持ちにはなれない。1階をぐるっと回って、目にとまったのは、JAMES BLAKEのアルバム。私は、このアルバムに入っているThe Wilhelm Screamが一番好きだ。アーティストの心の奥底から産まれたような音に思える。このアルバムはお金を出して買って後世に残したいと思える、素晴らしいアルバムだと思う。でもかわなかったが(笑)

タワレコに来たのは、ちょうど活字ブームで風呂場で読む本を探していた。先日も下北沢にあったクラブ、ZOO、SLITSに書かれた本「LIFE AT SLITS」を読み終えたので、新しい本が欲しかった。

今日かったのは、「ゼロ年代の音楽---壊れた十年」。野田努、三田格、松村正人、磯部涼、二木信 著(河出書房新社、2010年1月発行)

あまりにかっこいいタイトルでしかも、活字を欲しながら活字が苦手な私にとってその本の薄さはそそられる。
さっそく、今日風呂場で読んでみた。。。。が。。。。わからない(笑)。知らないアーティストがかなりの頻度で出て来る。音は、アーティストを知らないと想像すら出来ないのでどんどん取り残されて行く。ましてや知識のある人同士の話なので、なかなか入り込めない。おそらく、1回読んだだけでは私には理解できないだろう。ただ字を消費しただけになる。
しかし現代の素晴らしいことは、ネットがあり、youtubeでここに出て来るアーティストの楽曲は探せる。時間はかかってしまうが、彼らの書き留めたことをできるだけ把握したいと思った。


JAMES BLAKEの特集をhigher-frequencyに掲載されているので、ご存知でない方は是非ご覧頂きたい。
http://www.higher-frequency.com/highlight/3113

スポンサーサイト
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

DJ カタクリコ

Author:DJ カタクリコ
ようこそ、あなたの知らないとろみの世界へ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。