スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

l like it

DebargeのI like it。
JUJUやJAZZTRONIKにもカバーされて、知らず知らずのうちに刷り込まれてますね。私は、オリジナルよりJUJUのバージョンが一番好きです。オリジナルの太い声よりもJUJUの声のか弱さが詩の内容に沿っているように思います。曲全体のアレンジにしても、Debarge、JAZZREONIKは、手拍子をしながら横ステップを踏みたくなるようなポジティブの印象を持てますが、JUJUバージョンは、歌詞にある「i like it」の部分が、あなたの○○が好きなのよ~と好きなのよ~と、「it」の部分の気持ちが表されているように思います。(※和訳を読んでないので勝手に解釈してます)軽はずみにステップ踏めなくなります。腰に手を回してチークダンスですね。最近のマイブームがチークダンスなので誰かチークタイムDJできる人いないかな。と思います。

■jujuバージョン


■Debarge


■JAZZREONIK

スポンサーサイト

YOU YOU YOU は蛇の目のMANMADE SCIENCE

今1番欲しいレコードがこれです。
「SOULPHICTION」の別働デュオプロジェクト「MANMADE SCIENCE」による「AKIELE」。
4曲入りのEPなのですがこの中の「ME AND YOU」という曲が欲しくて欲しくてたまりません。
思春期に聞いた「The Avalanches」くらい爽やかです。
他のトラックはドス黒で、深すぎるぅぅぅぅ~と頭を抱えてしまうくらディープハウスです。
ただ、「ME AND YOU」に関して言えば、やっぱり「The Avalanches」くらい爽やかです。

今、ミックスを作ろうと思っていてこの曲をどこかに差し込みたいんです。
ただ、すごい使いづらいんだろうな。。。と思いますが、要は、アイデアなので手元に届いてから考えます。

ネットサーフィンで盤を探しているのですが、見つからないので午前中ユニオンするしかなさそうです。(ストレスを感じないから)。持ってる人は、是非貸してください。もしくは売ってください。


Artist:MANMADE SCIENCE
Title:AKIELE
Label:PHILPOT (GER)
Format:12"


視聴はこちら>>MySpace

やばい音源.txt

僕にとって給料日直後の楽しみと言えばレコード購入に限ります。
今回は、STRADA RECORDで8枚ほど購入しました。

今回ご紹介するのは、以前より欲しかった「NEBRASKA」の旧符「Terrestrial Variations EP 」。
会社のデスクトップには、「やばい音源.txt」という欲しいトラックリストをまとめたテキストファイルがあるのですがそこには「NEBRASKA」こと「REI MITSUI
」のトラックが書き記してあります。
彼のトラックを聞いて、一般的に1番耳に残るのが「My Father」というトラック。ゆっくりと安定感のあるベースに太さの違う2つのメロディーが交互に顔を出すシンプルなループから成っています。あまりフロアライクでは無いのですが気分は静かに高揚していきます。攻めの姿勢が見える「Nujabes」といえばチープな表現ですが。。。
2000年にリリースしていたこの作品。10年の年月を過ぎても全く色あせることのない名曲だと思います。レコ屋で彼の曲を見つけたら是非即買いしてください。
ジャズ、ディスコ、ダウンビート好きには視聴は必要ない信頼のおけるクオリティーです。

artist : NEBRASKA
title : Terrestrial Variations EP
label : RUSH HOUR (HOL)
format : 12inch
nebraska.jpg



個人的にはA-1の「My Brother」のピアノのストリングが超好みです。現場で使うのはA-1かな~と。

視聴はこちら>>LIghet House Records








theme : DJ/CLUB
genre : 音楽

センチな名曲

今日はセンチな気分なのでそんな一枚。
HIP HOP界のカリスマTHA BLUE HERB。
そのMC、ILL-BOSSTINOとWACHALLのDUB HOUSEユニットHERBEST MOON。
彼らの曲の中でも一番好きなのがこちら

10067433804.jpg
 
ARTIST : HERBEST MOON
TITLE : REACHIN'
FORMAT : 12
RELEASE : 2005年

この12インチに入っているSTILL RECHIN'が特に好き。逆面のREACHIN'のDUB全面の曲構成ではなくジャズピアノが全面にでていて静かな曲なんだけれどもハイハットの裏打ち具合がギリでダンスミュージックを保っているのがいい。パーティの着地地点の曲に持ってくるとすっきりと朝が迎えれます。またこれはデータで買わない方がいいです。あるかどうかしらないけど。
ヴァイナル特有のノイズが曲の深みを引き出してくれます。

しかし、初めてこのユニットにILL-BOSSTINOがいると知ったときは衝撃。いかちー男がこんな繊細な曲を作っているなんてって感じで。

あとBOUNCEのインタビューにHERBEST MOONのインタビューが載っててこれはかなり面白い。
音楽があれば宗教はいらない。

http://www.bounce.com/article/article.php/1272/

■視聴サイト
http://diskunion.net/clubh/ct/detail/051202HH007

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

デトロイトの松山千春

初めてmoodymannを見たのは2007年のyellowでのアニバーサリーでした。
その時の印象は、なんでこれでみんな踊っているのだろう?しゃべり過ぎのMCでヒューヒューいっているのだろうって感じでした。
30分我慢してフロアにいると、こんな生っぽいDJも悪くないという感じで(ここでいう生は温度や湿度など空間的なものです)ゆっくり揺れてたのを覚えてます。
僕の好きな曲。DISK UNIONで買おうかどうか迷った曲。買ってもあんまつかうかな~くらいな感じでしたが彼の曲の中でかなり好きです。

ARTIST:MOODYMANN
TITLE:SWEET YESTERDAY
LABEL:PEACEFROG
FORMAT:12inch
M00003289.jpg

男性ボーカルのAMP FIDDLERをフィーチャーした色気の出まくりな一枚。
よく言えばロウソクの炎のような優しいくエロティズムな揺れがあり
悪く言えば酔っぱらいの口説きのような音楽。
ただ、MOODYMANNを表す曲の1つであると思い、好んで現場で使ってます。

■視聴サイト
http://www.dmr.co.jp/shop/g/g2030207030232/

theme : 本日のCD・レコード
genre : 音楽

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

DJ カタクリコ

Author:DJ カタクリコ
ようこそ、あなたの知らないとろみの世界へ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。